2010年03月15日

模索舎40周年記念イベント-『40年目の、シコシコ・模索舎』

弊誌をお取り扱いいただいております模索舎さんの
40周年記念イベントが開催されます。

…日取りが弊誌主催のものと重なっており、編集部は
お邪魔できません。申し訳ありません。
しかし、これはなんとしても皆さんに知っていただければと
思い、ここに告知させていただきます。

========================================

模索舎40周年記念イベント-『40年目の、シコシコ・模索舎』

とき: 3月22日(月・祝) 12:30開場 13:00開始

第1部 13:20〜14:50
  模索舎の時空間をめぐって
   <出演者>
五味正彦(模索舎元代表) 
平井玄(音楽批評家) 
矢部史郎(模索舎元舎員)

第2部 15:20〜16:50
   勝手に生きよ/人生!
    <出演者>
廣瀬純(映画批評家) 
五所純子(文筆業) 
アサダワタル(日常編集家)


ところ:大久保地域センター 
東京都新宿区大久保2丁目12−7 <地図>
JR新大久保駅徒歩8分 地下鉄副都心線東新宿徒歩5分 地下鉄大江戸線東新宿徒歩8分

資料代:500円/カンパ歓迎!
------------------------------------------------
主催:模索舎/模索舎再建実行委員会

※詳細は以下をご参照ください。

http://www.mosakusha.com/mosakusha40/2010/03/40-1.html
posted by eigajidai at 22:07| Comment(19) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月24日

【映画時代Presents】『探偵物語』30周年記念イベント

――ついに、映画時代がイベントにチャレンジします!
遊びにいらしてください! 
いや、マジでまさかの事態が実現しようとしていますよ!
===============================================

【イベント・タイトル】
闘う映画ZINE「映画時代」Presents

松田優作主演『探偵物語』放送30周年記念スーパー・
トーク・セッション

『追求――探偵物語NAKED=x


【イントロダクション】
1980年4月1日、火曜ヨル9時。一人の探偵が原宿の雑踏に消えた。
ヤツ、工藤俊作の生き様は、当時の全ての若き野郎どもの胸に
刻まれ、後の時代にその姿に触れたものをも虜にしている。

主演・松田優作はじめ、出演者のアドリブが頻発し、本気と
冗談の境界線を行き来する唯一無比の優作ワールド=
『探偵物語』は、そのセンシブルな内容で、日本のドラマ史に
残る名作として現在も愛されている。

だが、その紹介文には常にこの一言が添えられる。
本格ハードボイルドで行くはずが、優作が全て
ひっくり返した≠ニ――

ならば、その原点たる、本格ハードボイルド≠ニは
どのようなものだったのか。

2010年3月22日(月・祝)、東京・人形町三日月座。
そこに『探偵物語』放送終了から30年を経て、
原案者=小鷹信光、プロデューサー=山口剛、
脚本家=柏原寛司の3名が集い、彼らが夢見た
本格ハードボイルド≠巡り、語り合う。

これは、探偵映画教室¥態だったという、
『探偵物語』の企画会議を追体験する試みであり、
ありえたかも知れないもうひとつの『探偵物語』≠
現出させる試みでもある。

日本のハードボイルドの夜明け≠待ち焦がれる皆様、
ぜひ、ご来場ください。


【ゲスト・プロフィール】

小鷹信光 (『探偵物語』原案)
ダシール・ハメット、リチャード・スターク、ギャビン・ライアル、
レイモンド・チャンドラーなど数多の海外ハードボイルドの翻訳を
手がける、その道の第一人者。 『探偵物語』には原案として参加、
さらに独自の展開の小説版(幻冬舎文庫所収)を発表。


山口剛(『探偵物語』プロデューサー)
当時、日本テレビに籍を置き、数多の名作テレビ映画≠
手がける。伝説のアクション・ドラマ枠火曜9時≠フ
一環として『探偵物語』を企画、プロデュース。


柏原寛司(『探偵物語』脚本)
シリーズ中でも人気の高い、「失踪者の影」「脅迫者」などの
名エピソードを手がけ、メイン・ライターの一角を担う。
パイロット版的に、幻となったテレフィーチャー
(1時間半企画)版『探偵物語』の脚本を執筆するなど、
『探偵物語』との縁は深い。



【タイムスケジュール&料金】

<期日>
2010年3月22日(月・祝)

<第一部>
14:00〜17:00
トーク・セッション&映像資料鑑賞
ゲスト:小鷹信光、山口剛、柏原寛司

司会:佐藤洋笑(映画時代編集部)

※飛び入りゲストの可能性有!

トーク・セッション・チャージ:前売 1600円
               (当日 1800円)

<第二部>
17:15〜19:00
懇親会

参加費:2000円 




【会場】

人形町三日月座

〒103−0013
東京都中央区日本橋人形町1−15−5柏原ビル2F

http://www.mikazukiza.com/

※第一部・トーク・セッションは同建物の地下一階「Base KOM」
 にて実施いたします。


<アクセス>

東京メトロ地下鉄半蔵門線
水天宮前8番出口より徒歩70歩位(1分)

東京メトロ地下鉄日比谷線
人形町駅A2番出口より徒歩90歩位(1分)

都営地下鉄浅草線人形町駅徒歩5分位



【チケット予約方法について】

席に限りがございますので、チケットは前売とさせて
いただきます。当日の来場でも、お席に余裕がある場合には
問題ありませんが、確実なご観賞のため以下のメールアドレス
(映画時代編集部)宛にタイトルを「探偵物語」とし、
「予約」をお願いします。

料金のお支払い方法、チケットの受け渡しについて
折り返しご連絡いたします。

eigajidai@gmail.com

※チケットの販売状況について、会場にお問い合わせ
 いただきましてもお答えできかねますので、ご遠慮ください。

※懇親会につきましては、参加費に軽食のご用意を含みますが、 
 その他の飲食にあたっては実費を頂戴いたします。あらかじめ
 ご了承ください。こちらにつきましてもご不明点は上記
 メールアドレス宛にお問い合わせくださいますよう
 お願いいたします。続きを読む
posted by eigajidai at 21:48| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月03日

【映画時代より新年のご挨拶】虎よ、虎よ!――

――と、唱えたのはウィリアム・ブレイクさんでして、
同題のアルフレッド・ベスターのSFにもかぶれたモンですが、
今年はひとつ、「虎だ!お前は虎になるんだ!」の
梶原一騎イズム(fromタイガーマスク)で乗り切っていこうと思います。

闘う映画ZINE「映画時代」、今年も精進していきます。
よろしくお願いいたします。


※ここで「ドキュメンタリー 頭脳警察」上映情報!

名古屋シネマテークにて絶賛上映中!

1/2〜4  第1部 16:50
     第2部 18:40
     第3部 20:30 

1/5〜6  第2部 16:50
     第3部 18:40
     第1部 20:30

1/7〜8  第3部 16:50
     第1部 18:40
     第2部 20:30  

期間中に2作(2部)以上ご覧になる一般・大学生の方は、2作目以降の当日料金から200円割引です。
――んでもって、お察しのとおり、物販コーナーに、
「映画時代3」おいてありやす。
posted by eigajidai at 20:14| Comment(9) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月07日

【映画時代3】取扱店増加【コバンザメの如く、今…】

幸い好評をいただいている「映画時代3」 取扱店情報の追加です

【東京都・新宿】
K's cinema
http://www.ks-cinema.com/

【新潟県】
新潟・市民映画館  シネ・ウインド
http://www.wingz.co.jp/cinewind/

【広島県】
横川シネマ
http://yokogawa-cine.jugem.jp/

…はい、お察しの方もおられるかもしれませんが、
いずれの劇場でも「ドキュメンタリー 頭脳警察」
絶賛上映中(あるいは近日中に上映開始予定)です!!!

公開情報チェックしては、劇場に営業かけるという
コバンザメのようなことをやってる恥知らずです。
これを書いている編集部・佐藤は、
冷血漢とか、アル中、女好きと評されたこともありますがって、
それはさておき。

でも、ロクなお礼もしていないのに取材に応えてくれた皆様、
執筆、製作に参加してくれた皆様の熱い魂を多くの人に伝えたいのです。
オレ、そのためなら何でもやりますぜ。

というわけでご報告いたします。
あなたの街で、映画時代3を見かけたらご贔屓ください。

なお、改めて現在の取扱店をご報告いたします。

【東京都・渋谷】
シアターN渋谷
http://www.theater-n.com/

【東京都・新宿】
ディスクユニオン新宿本館 映画フロア
http://diskunion.net

模索舎
http://www.mosakusha.com/

【東京都・下北沢】
古書ビビビ
http://www6.kiwi-us.com/~cutbaba/


【東京都・東中野】
ポレポレ東中野

http://www.mmjp.or.jp/pole2/

【東京都・中野】
タコシェ
http://www.tacoche.com/

【東京都・高円寺】
高円寺文庫センター
http://members.jcom.home.ne.jp/info-koasa/map/bunko.html

茶房高円寺書林
http://www.geocities.jp/fuzainoisu/shorin.top.html

高円寺Auviss
http://www.koenji.info/cat60/cat50/auviss.html

【東京都・阿佐ヶ谷】
ラピュタ阿佐ヶ谷
http://www.laputa-jp.com/laputa/main/index.html

【東京都・西荻窪】
西荻 信愛書店
http://kouenjishorin.jugem.jp/?cid=2

【東京都・吉祥寺】
バサラブックス
http://basarabook.blog.shinobi.jp/

【人形町】
「coffee & pictures 人形町三日月座」
http://www.mikazukiza.com/

【東京都・赤坂】
シナリオ作家協会
http://www.mmjp.or.jp/scenario/kouza/

【オンラインショップ】

lilmag
http://lilmag.org/

【埼玉県・所沢】
菊家書店

…PS:これを読んでくださった方で、
映画時代を置けそうな場所に心当たりのある方は、
ぜひ活檄プロダクションにご一報ください。
営業努力いたします。
posted by eigajidai at 20:56| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月06日

ごぶさたしています

ZINEにありがちなこと→三冊出して終了。

映画時代に限ってそれはない、ない。

そろそろ次号へ向けて動きます。

posted by eigajidai at 11:37| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月01日

あけましておめでとうございます

旧年度中は非力な活檄プロダクションに助力をいただき
ありがとうございました。

勢い任せに立ち上げた『映画時代』、
――ごく短期間にVol.2まで製作できたのは、ひとえに皆様の
ご厚情の賜物です。

無計画な経営と、デタラメな進行は、改善していきたいものですが、
今年も“闘う映画ZINE”として、熱意の集まる場としていく所存です。
もうじき、“Vol.3”の作業にも取り掛かる予定です。
ご期待ください!

――本年度もよろしくお願いいたします。

佐藤洋笑@活檄プロダクション
=『映画時代』編集部
posted by eigajidai at 01:38| Comment(0) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月18日

新規お取り扱い店のお知らせ

「映画時代」の新たなるお取り扱い店をお知らせ致します。

http://www.aoyamabc.co.jp/
青山ブックセンター様

http://lilmag.org/
lilmag様

http://www.mmjp.or.jp/scenario/kouza/
シナリオ作家協会様

近日中にお取扱いが開始される予定なのが、

http://www.unionsoft.jp/shop_list.html
大阪府河内長野市のAVフロッグ河内長野店様

埼玉県所沢市小手指町の 菊屋書店

でございます!

posted by eigajidai at 01:51| Comment(0) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月09日

「映画時代」vol.2お取り扱い店!

本日発売の「映画時代」VOL.2、お取り扱い店をお知らせいたします。

【新宿】
ディスクユニオン新宿本館 映画フロア
http://diskunion.net

模索舎
http://www.mosakusha.com/

【下北沢】
古書ビビビ
http://www6.kiwi-us.com/~cutbaba/

【中野】
タコシェ
http://www.tacoche.com/

【高円寺】
高円寺文庫センター
http://members.jcom.home.ne.jp/info-koasa/map/bunko.html

茶房高円寺書林
http://www.geocities.jp/fuzainoisu/shorin.top.html

高円寺Auviss
http://www.koenji.info/cat60/cat50/auviss.html

【阿佐ヶ谷】
ラピュタ阿佐ヶ谷
http://www.laputa-jp.com/laputa/main/index.html

【西荻窪】
西荻 信愛書店
http://kouenjishorin.jugem.jp/?cid=2

【吉祥寺】
バサラブックス
http://basarabook.blog.shinobi.jp/

【江古田】
アンティーク・オッド
http://members3.jcom.home.ne.jp/antiqueodd/

【東中野】
ポレポレ東中野

http://www.mmjp.or.jp/pole2/

販売店はまだまだ増えていく予定です!
posted by eigajidai at 09:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月22日

新規お取り扱い店のお知らせ

〜新規お取り扱い店のお知らせ〜

ポレポレ東中野
http://www.mmjp.or.jp/pole2/

大阪府河内長野市のAVフロッグ河内長野店
http://www.unionsoft.jp/shop_list.html

埼玉県所沢市小手指町の 菊屋書店

以上です。
おさらいとして、もう一度以下にお取り扱い店と通信販売申込フォームを再掲致します。

2073881_1726139121.jpg








「映画時代」創刊号予告編

★★★★★★★★★★★

映画時代創刊号

特集:死ぬな、殺すな! テロルの季節

-----------------------------------------------------------

【インタビュー】

井土紀州(『ラザロ』監督)
「あらゆる場所で局地戦を展開せよ!」〜現代テロ映画『ラザロ』の監督による"希望"のアジテーション。(取材・港岳彦、佐藤洋笑)

永野絵理世(『三菱重工爆破事件〜あれから(仮)』制作中)
東アジア反日武装戦線"狼"が74年に起こした三菱重工爆破事件。その被害者を父に持つ永野監督が見つめるテロの加害者/被害者の埋めきれない溝。(取材・港岳彦)

【論考】

映画×テロ(港岳彦)

若松孝二×足立正生 映画とテロルの時代(モルモット吉田)

破壊! 破壊! 破壊! 反体制娯楽映画列伝(佐藤洋笑)

「日常の破壊」という名の幻想〜押井守とテロリズム(西村大樹)

==作品レビュー「90年代以降のテロ映画」==

『過激本番ショー 異常者たちの夜』(オギミユキ)
『マークスの山』(港岳彦)
『痴漢電車 感じるイボイボ』(鈴木由理子)
『腹腹時計』(モルモット吉田)
『凶気の桜』(仙道勇人)
『紀子の食卓』(安倍まりあ)
『相棒 劇場版』(安倍まりあ)
『ナショナル・アンセム』(わたなべりんたろう)


-----------------------------------------------------------
【連載】

柏原寛司の日本のハードボイルドを訪ねて――検証・日本テレビ火曜9時――

映画が茶の間に殴りこみ、そして占拠した、あの時代。『大都会』、『探偵物語』など、今も語り継がれる名作アクション・ドラマが放たれた"日本テレビ火曜9時枠"を、ホスト:柏原寛司(脚本家/映画監督)と、番組ゆかりのゲストが述懐する豪華対談。

★第一回ゲスト:山口剛(『大都会』シリーズ、『大追跡』、『探偵物語』、『大激闘』などのプロデューサー)。

-----------------------------------------------------------
イベント報告『アニメーション・ポルカ 〜踊りだす空想世界〜』
-----------------------------------------------------------

●執筆者:モルモット吉田 わたなべりんたろう 西村大樹 安倍まりあ 鈴木由理子 オギミユキ 佐藤洋笑 港岳彦
●表紙:永野絵理世
●写真:pedro cho
●撮影場所:三菱ビルヂング前
●イラスト:杉山陽太
●ブックデザイン:岸田文香
●印刷:POPLS
●発売日:2008.9.1
●仕様:A5判 並製 52ページ
●価格:定価 500円(税込)
●製作・販売:活檄プロダクション(佐藤洋笑 港岳彦)

======お取扱店一覧======

【赤坂】
赤坂 シナリオ作家協会(シナリオ講座)
http://www.mmjp.or.jp/scenario/kouza/index.html


【新宿】
ディスクユニオン新宿本館 映画フロア
http://diskunion.net

模索舎
http://www.mosakusha.com/

【東中野】
ポレポレ東中野
http://www.mmjp.or.jp/pole2/


【中野】
タコシェ
http://www.tacoche.com/


【高円寺】
高円寺文庫センター
http://members.jcom.home.ne.jp/info-koasa/map/bunko.html

茶房高円寺書林
http://www.geocities.jp/fuzainoisu/shorin.top.html

高円寺Auviss
http://www.koenji.info/cat60/cat50/auviss.html

高円寺 55レコード
http://www.gogorec.com/

高円寺アニマル洋子
http://animal.nobody.jp/


【阿佐ヶ谷】
ラピュタ阿佐ヶ谷
http://www.laputa-jp.com/laputa/main/index.html


【西荻窪】
西荻 信愛書店
http://kouenjishorin.jugem.jp/?cid=2


【吉祥寺】
吉祥寺 バサラブックス
http://basarabook.blog.shinobi.jp/


【江古田】
アンティーク・オッド
http://members3.jcom.home.ne.jp/antiqueodd/


【表参道】
http://www.aoyamabc.co.jp/
青山ブックセンター


【下北沢】
下北沢 古書ビビビ
http://www6.kiwi-us.com/~cutbaba/


【その他】
lilmag
http://lilmag.org/

大阪府河内長野市のAVフロッグ河内長野店
http://www.unionsoft.jp/shop_list.html

埼玉県所沢市小手指町の 菊屋書店



お取扱店はまだまだ増えていく予定です。その都度お知らせいたしますので、何卒よろしくお願いいたします!

======通信販売申込フォーム======

【お申込方法】

★お支払方法が変わりました。今回から、ご入金を確認後、配送させていただく形となります。

★代金は定価500円(税込)と送料(クロネコヤマトメール便:全国一律:1冊80円)の合計金額となります。

★送料は3冊までは一律80円です。それ以降は、3冊ごとに80円が加算される計算となります。

★お支払方法は、@郵便振替、Aイーバンクがございます。

※@郵便振替の場合、入金確認に少々お時間をいただくことになります(最大一週間程度)。どうかご了承ください。

@【郵便振替の場合】
口座番号00150-6-726646
口座名義:佐藤洋笑(サトウヒロエ)

A【イーバンクの場合】
リズム支店 支店番号 209 口座番号 1838640
口座名義:サトウヒロエ(佐藤洋笑)

★金額 通常のクロネコメール便1冊の場合=

定価500円+送料80円=580円

となります。

★お申込フォーム

【注文作品名】
【注文冊数】
【振込先】
※@郵便振替Aイーバンクのどちらにご入金されたかをお知らせください。
【お名前(フリガナ)】
【発送先】
郵便番号
ご住所
TEL/FAX
e-mail

以上を、以下の申込フォーム内「本文」にご記入の上、「名前」「メールアドレス」「件名」にもご記入いただき、「送信」ボタンをクリックしてください。

★発送方法……通常、クロネコメール便を利用いたします。入金の確認後、3日〜7日以内に、指定のご住所にお送りいたします。

★下記の申込フォームで申しこめなかった場合、お手数ですが、直接eigajidai@gmail.comまでメールをお願いいたします!


※ご注文から14日以上、到着が確認できない場合は、お手数ですが、eigajidai@gmail.com
までご連絡ください。







※その他、ご不明な点などありましたら、eigajidai@gmail.com
までご連絡ください。
posted by eigajidai at 21:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月13日

映画時代創刊号新規お取扱い店のお知らせ

下北沢 古書ビビビ
http://www6.kiwi-us.com/~cutbaba/

赤坂 シナリオ作家協会(シナリオ講座)
http://www.mmjp.or.jp/scenario/kouza/index.html

にて、取り扱い開始です。

よろしくお願いします!
posted by eigajidai at 00:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月05日

新規お取扱い店のお知らせ

ご好評頂いている「映画時代」創刊号ですが、

http://www.aoyamabc.co.jp/
青山ブックセンター様

http://animal.nobody.jp/
高円寺アニマル洋子様

http://lilmag.org/
lilmag様

でのお取り扱いが始まりました!
よろしくお願いします。
posted by eigajidai at 21:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月29日

『映画時代』創刊号9/1発売!!

2073881_1726139121.jpg

皆さま大変長らくお待たせいたしました。「映画時代」創刊号、いよいよ9月1日に発売です!

5月の創刊準備号発売以来、大反響を呼んだ「映画時代」が、ついに本格起動。創刊号の特集は題して「死ぬな、殺すな! ―テロルの季節―」。アンタやあなたやお前らに激しく問いかけたい。世界はこのままでいいのか? 世界を変えるには暴力<テロ>しかないのか? すべての若者に送る”希望”のアジテーション。 

まずはblog「映画をめぐる怠惰な日常」でおなじみ、モルモット吉田氏の手によるこのホットな予告編を堪能してくれ!



「映画時代」創刊号予告編

★★★★★★★★★★★

映画時代創刊号

特集:死ぬな、殺すな! テロルの季節

-----------------------------------------------------------

【インタビュー】

井土紀州(『ラザロ』監督)
「あらゆる場所で局地戦を展開せよ!」〜現代テロ映画『ラザロ』の監督による"希望"のアジテーション。(取材・港岳彦、佐藤洋笑)

永野絵理世(『三菱重工爆破事件〜あれから(仮)』制作中)
東アジア反日武装戦線"狼"が74年に起こした三菱重工爆破事件。その被害者を父に持つ永野監督が見つめるテロの加害者/被害者の埋めきれない溝。(取材・港岳彦)

【論考】

映画×テロ(港岳彦)

若松孝二×足立正生 映画とテロルの時代(モルモット吉田)

破壊! 破壊! 破壊! 反体制娯楽映画列伝(佐藤洋笑)

「日常の破壊」という名の幻想〜押井守とテロリズム(西村大樹)

==作品レビュー「90年代以降のテロ映画」==

『過激本番ショー 異常者たちの夜』(オギミユキ)
『マークスの山』(港岳彦)
『痴漢電車 感じるイボイボ』(鈴木由理子)
『腹腹時計』(モルモット吉田)
『凶気の桜』(仙道勇人)
『紀子の食卓』(安倍まりあ)
『相棒 劇場版』(安倍まりあ)
『ナショナル・アンセム』(わたなべりんたろう)


-----------------------------------------------------------
【連載】

柏原寛司の日本のハードボイルドを訪ねて――検証・日本テレビ火曜9時――

映画が茶の間に殴りこみ、そして占拠した、あの時代。『大都会』、『探偵物語』など、今も語り継がれる名作アクション・ドラマが放たれた"日本テレビ火曜9時枠"を、ホスト:柏原寛司(脚本家/映画監督)と、番組ゆかりのゲストが述懐する豪華対談。

★第一回ゲスト:山口剛(『大都会』シリーズ、『大追跡』、『探偵物語』、『大激闘』などのプロデューサー)。

-----------------------------------------------------------
イベント報告『アニメーション・ポルカ 〜踊りだす空想世界〜』
-----------------------------------------------------------

●執筆者:モルモット吉田 わたなべりんたろう 西村大樹 安倍まりあ 鈴木由理子 オギミユキ 佐藤洋笑 港岳彦
●表紙:永野絵理世
●写真:pedro cho
●撮影場所:三菱ビルヂング前
●イラスト:杉山陽太
●ブックデザイン:岸田文香
●印刷:POPLS
●発売日:2008.9.1
●仕様:A5判 並製 52ページ
●価格:定価 500円(税込)
●製作・販売:活檄プロダクション(佐藤洋笑 港岳彦)

======お取扱店一覧======

【新宿】
ディスクユニオン新宿本館 映画フロア
http://diskunion.net

模索舎
http://www.mosakusha.com/


【中野】
タコシェ
http://www.tacoche.com/


【高円寺】
高円寺文庫センター
http://members.jcom.home.ne.jp/info-koasa/map/bunko.html

茶房高円寺書林
http://www.geocities.jp/fuzainoisu/shorin.top.html

高円寺Auviss
http://www.koenji.info/cat60/cat50/auviss.html

高円寺 55レコード
http://www.gogorec.com/

高円寺アニマル洋子
http://animal.nobody.jp/


【阿佐ヶ谷】
ラピュタ阿佐ヶ谷
http://www.laputa-jp.com/laputa/main/index.html


【西荻窪】
西荻 信愛書店
http://kouenjishorin.jugem.jp/?cid=2


【吉祥寺】
吉祥寺 バサラブックス
http://basarabook.blog.shinobi.jp/


【江古田】
アンティーク・オッド
http://members3.jcom.home.ne.jp/antiqueodd/


【表参道】
http://www.aoyamabc.co.jp/
青山ブックセンター


【その他】
http://lilmag.org/
lilmag


お取扱店はまだまだ増えていく予定です。その都度お知らせいたしますので、何卒よろしくお願いいたします!

======通信販売申込フォーム======

【お申込方法】

★お支払方法が変わりました。今回から、ご入金を確認後、配送させていただく形となります。

★代金は定価500円(税込)と送料(クロネコヤマトメール便:全国一律:1冊80円)の合計金額となります。

★送料は3冊までは一律80円です。それ以降は、3冊ごとに80円が加算される計算となります。

★お支払方法は、@郵便振替、Aイーバンクがございます。

※@郵便振替の場合、入金確認に少々お時間をいただくことになります(最大一週間程度)。どうかご了承ください。

@【郵便振替の場合】
口座番号00150-6-726646
口座名義:佐藤洋笑(サトウヒロエ)

A【イーバンクの場合】
リズム支店 支店番号 209 口座番号 1838640
口座名義:サトウヒロエ(佐藤洋笑)

★金額 通常のクロネコメール便1冊の場合=

定価500円+送料80円=580円

となります。

★お申込フォーム

【注文作品名】
【注文冊数】
【振込先】
※@郵便振替Aイーバンクのどちらにご入金されたかをお知らせください。
【お名前(フリガナ)】
【発送先】
郵便番号
ご住所
TEL/FAX
e-mail

以上を、以下の申込フォーム内「本文」にご記入の上、「名前」「メールアドレス」「件名」にもご記入いただき、「送信」ボタンをクリックしてください。

★発送方法……通常、クロネコメール便を利用いたします。入金の確認後、3日〜7日以内に、指定のご住所にお送りいたします。

★下記の申込フォームで申しこめなかった場合、お手数ですが、直接eigajidai@gmail.comまでメールをお願いいたします!


※ご注文から14日以上、到着が確認できない場合は、お手数ですが、eigajidai@gmail.com
までご連絡ください。







※その他、ご不明な点などありましたら、eigajidai@gmail.com
までご連絡ください。
posted by eigajidai at 23:29| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月25日

創刊準備号通販終了のお知らせ

★「映画時代」創刊準備号ですが、在庫がなくなったため、本日をもちまして通信販売分お取扱をいったん終了とさせていただきます。各お取扱店(※)にはまだ若干在庫がありますので、そちらのほうでお求めいただけたらと思います。

※中野タコシェ様に本日10部を納品しました。

★現在のところ創刊準備号の増刷の予定はありません。9月1日発売予定の創刊号発売後、様子を見て検討したいと思っております。思わぬ好評で同人一同感激しております。引きつづき、「映画時代」をよろしくお願いいたします!

★それでは、9月1日発売予定の創刊号をご期待下さい!
posted by eigajidai at 18:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月16日

通信販売分完売いたしました

★「映画時代」創刊準備号ですが、在庫がなくなったため、今日をもちまして通信販売分お取扱をいったん終了とさせていただきます。各お取扱店にはまだ若干在庫がありますので、そちらのほうでお求めいただけたらと思います。

★現在のところ創刊準備号の増刷の予定はありません。晩夏発売予定の創刊号(VOl.1)の発売後、様子を見て検討したいと思っております。思わぬ好評で同人一同感激しております。引きつづき、「映画時代」をよろしくお願いいたします!

★また、7月末発売予定の雑誌「映画芸術」に、膳場岳人が「映画時代」同人を代表して座談会に参加させていただいております。よろしければ読んであげてください。

★それでは、晩夏発売予定の創刊号をご期待下さい!
posted by eigajidai at 22:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月27日

新規取扱店のお知らせ

シネマバー ザ・グリソム ギャングさんにおいて、
『映画時代』の取り扱いが開始されました。

味のあるイベント多数開催、壁にはマニア大喜びの
サントラ・ジャケットが陳列のナイスなお店です。
小田急線沿線にお住まいの方は是非!

http://movie007.hp.infoseek.co.jp/


なお「映画時代」創刊準備号は残部僅少となっております。

現在のところ再度の増刷の予定はございませんので、ご要望の方はなるたけお早めにお近くの店舗、または当blogの通販フォームにてご購入ください。
posted by eigajidai at 14:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月19日

新規お取扱店のお知らせ

新宿三丁目の模索舎での販売が始まりました。

http://www.mosakusha.com/

また、埼玉県所沢市小手指町の 菊屋書店様でも販売されております。

どうかよろしくお願いします。

続きを読む
posted by eigajidai at 19:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月08日

増刷分納品いたしました

増刷分本日あがってまいりました!

本日から通信販売も通常通り配送いたします。

新たに、

下北沢 古書ビビビ様
http://www6.kiwi-us.com/~cutbaba/

に置かせていただけるようになりました。

また、在庫が切れていた、

青山ブックセンター本店様
http://www.aoyamabc.co.jp/45/45210/

高円寺Auviss様
http://www.koenji.info/cat60/cat50/auviss.html

にも新しく入荷いたしました。

品薄となっていた、

高円寺文庫センター様
http://members.jcom.home.ne.jp/info-koasa/map/bunko.html

茶房高円寺書林様
http://www.geocities.jp/fuzainoisu/shorin.top.html

西荻窪 信愛書店
http://kouenjishorin.jugem.jp/?cid=2

にも納品いたしました。

どうぞよろしくお願いいたします

================================================
6/10追記

オンラインショップ lilmag さんにおいても取り扱いが開始されました。

http://lilmag.org/

※弊誌紹介ページ
http://lilmag.org/?pid=8269923

ここにご報告いたします。(追記by佐藤洋笑)


続きを読む
posted by eigajidai at 22:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月06日

シネマアートン下北沢存続のための署名活動

以下は、あくまで膳場岳人個人の意見ですが。

シネマアートン下北沢閉館のニュース。『小鳥の水浴』のお芝居を見たのもここ、『母娘監禁 牝』を初めて劇場で見たのもここだ。そして「映画時代」を立ち上げる際、一番最初にご相談に伺ったのもここだった。誰よりも熱心に「映画時代」をバックアップしてくださった。今回の件、親会社が不祥事を起こして倒産、そのあおりを食った形で劇場の閉館と相成ったらしい。でも、劇場の人間が何か不祥事を起こしたわけじゃない。

というわけで。

本日6.6、シネマアートン下北沢にて、映画監督の福島拓哉氏が、劇場存続のための署名を行っているそうです。20:30上映開始の『the hiding -潜伏-』(福居ショウジン監督)の入場の際と、上映終了後だそうです。署名の有効性? わからない。そもそもこれって正しい行為なのか? わからない。でも、門外漢の我々にできることは、さしあたりこういうことだけ。各々ニュースを見て今回の閉館の是非を判断し、「存続すべき」と思ったならば、やるだけやってみましょうよ。詳しくはこちらを参照してください。

http://blog.goo.ne.jp/baohr/e/d22a6616c10d212445eb1b8787e73683

6.6夜はシネマアートン下北沢へGOだ!!!!!

(文責・膳場岳人)
posted by eigajidai at 04:04| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月05日

新規販売店のお知らせ

神戸市「ちんき堂」様での販売始めました。

http://www.hyogo-kosho.net/shop/shop_data/store_015.html

また、「映画時代」を一番最初に置かせていただいたシネマアートン下北沢様が急きょ閉館されることとなりました。

http://www.cinekita.co.jp/

非常に残念です……。
posted by eigajidai at 18:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月03日

mixiに「映画時代」コミュニティ立ち上げました!

★mixiに『映画時代』コミュニティを 立ち上げました。

http://mixi.jp/view_community.pl?id=3401242

ご購入して下さった皆様からの忌憚なきお言葉をお待ちすると共に、活檄プロダクションからもモロモロ発信していく場として運営していきたく存じます。

今後のためにもご指導ご鞭撻お願いいたします。

――なんだかんだと励みになります。


posted by eigajidai at 23:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。