2011年07月30日

【映画時代 PART W】2011/8/8(月)発売【不死鳥の如く、今…】

eiga_vol.04_cover_0710のコピー.jpg

あらゆるエモーションを封じ込む空気が蔓延る2011年。
そこに一矢報いるべく、活檄プロダクションは、
闘う映画ZINE=映画時代は、本特集を試みる。

時代劇、任侠、実録、ピンキー・バイオレンス…
通史的な叙述の中で、既に評価が固まったかに見える
東映娯楽映画の一群。
だが、そこからもはみ出すような熱い昂ぶり。

鬱屈、焦燥、過剰――そして、暴走。

そんな野良犬のような、
群れからはぐれた獣のような映画たち。
未だ語れらざるままの、その昂ぶりこそ、
2011の澱んだ空気を吸わざるを得ない者たちに
必要なものではないか――

ってな感じで、今回の特集は――
――「DEEP…DARK…東映。」

敢えて言う、野郎どもは、いる――

泰山/TAIZAN画伯激筆の「マッドポリス軍団」を表紙に、中身をもちろんディープです。詳細は以下の通り。

【狂犬俳優:渡瀬恒彦論】
■野獣の美学 
――渡瀬恒彦と中島貞夫のためのノート(文=モルモット吉田)

※先ごろDVD化が実現した暴走バスパニック『狂った野獣』はじめ、70年代の東映のスクリーンを跳梁した狂犬俳優=渡瀬恒彦。その野獣ぶりを執拗にフィルムに焼き付けた中島貞夫。二人のコンビ作を現在プログラム・ピクチャーを論考すれば比翼する者のないライター・モルモット吉田が愛をこめて考察。



【ピラニア軍団×三上寛】
■このレコードを噛め! 
――ピラニア軍団×三上寛(文=小林ヤスタカ)

■わたしたちの寛ちゃん 
――三上寛の役者稼業(文=真魚八重子)

※東映に舞い降りた渡り鳥=不世出のシンガー・三上寛の、ミュージシャンならではの役者稼業の魅力に迫る。そして、そんな三上と伝説の東映はぐれ役者集団=ピラニア軍団が奇跡の邂逅を果たした名盤を検証。



【活劇の鬼才:野田幸男監督】

■時にはモンスターのように ――野田幸男論
(文=北里宇一郎)
■A級大作を笑い飛ばせ!! ――野田幸男監督インタビュー
(構成・文=北里宇一郎)

※東映バイオレンスの一つの極北として名高い傑作『0課の女 赤い手錠』を放った天才監督・野田幸男の生前唯一のロング・インタヴューを発掘! そのインタヴューの聞き手でもあった映像作家・北里宇一郎の本格論考と併せ、語られざる天才監督の偉業に迫る。



【伝説のバイオレンス・ドラマを巡る大鼎談】

■『大激闘 マッドポリス’80』放送30周年記念
――スーパー・トークセッション マッドポリス2010
  片桐竜次×山口剛×瀬戸恒雄×杉作J太郎
(司会・構成=佐藤洋笑〔編集部〕)

※「10秒に一発撃ち、1分に一人死ぬ」をキャッチコピーにテレビの限界を超えた大戦争ドラマを見せ付けた伝説の東映テレビ映画『大激闘 マッドポリス’80』。
 その放送30周年を記念し、レギュラーであった俳優・片桐竜次、プロデューサー山口剛(日本テレビ)、瀬戸恒雄(東映)、そして東映魂の伝道者・男の墓場プロダクション局長=杉作J太郎が、『大激闘』のシナリオを手がけた柏原寛司氏経営の「人形町三日月座」に集結。
娯楽魂あふれる大鼎談を完全収録!


=================================================================
【読みきり・短編小説】
『野獣よ、眠れ』(作=山本俊輔)

映画時代初の試み。小説デビュー作『デス・ゲーム・パーク』が、携帯配信サイトBeeTVにてドラマ化され、自身で脚本を担当するなど、注目を集める本邦アクション映画作家の新鋭=山本俊輔による書き下ろし「社会性を帯びた娯楽アクション小説」!!

※山本俊輔監督作品『破戒尼僧YUKI』平成23年8月20日(土)より、下北沢・トリウッドでロードショー!
詳しくは公式サイトへ→http://ameblo.jp/hakainisou/


=================================================================

『映画時代 PART W』
2011年8月8日発行

○ブックデザイン:岸田文香
○表紙イラスト:泰山/TAIZAN
http://www.myspace.com/taizan_do
       http://hookert.blog57.fc2.com/
○協力:野田尚子、野島善孝、ギンティ小林、人形町三日月座(http://www.mikazukiza.com/
○仕様:A5判 並製 64ページ
○価格:定価550円(税込)
○編集・企画・制作:活檄プロダクション


========================================================

と、いうわけで、平時よりだいぶ増量ページでお送りする都合上、定価を50円アップの550円と設定させていただきます。なにとぞ、ご了承ください。


======通信販売申込フォーム======

【通信販売お申込方法】

★ご入金を確認後、配送させていただく形となります。

★代金は定価550円(税込)と送料(クロネコヤマトメール便:全国一律:1冊80円)の合計金額となります。

★送料は2冊までは一律80円です。それ以降は、2冊ごとに80円が加算される計算となります。

★お支払方法は、@郵便振替、A楽天銀行(旧イーバンク)がございます。

※@郵便振替の場合、入金確認に少々お時間をいただくことになります(最大一週間程度)。どうかご了承ください。

@【郵便振替の場合】
口座番号00150-6-726646
口座名義:佐藤洋笑(サトウヒロエ)

A【楽天銀行の場合】
リズム支店 支店番号 209 口座番号 1838640
口座名義:サトウヒロエ(佐藤洋笑)

★イーバンクは楽天銀行(ラクテンギンコウ)に商号変更しておりますので、ご注意ください。

★金額 通常のクロネコメール便1冊の場合=

定価550円+送料80円=630円

となります。

★お申込フォーム

【注文作品名】
【注文冊数】
【振込先】
※@郵便振替 A楽天銀行のどちらにご入金されたかをお知らせください。
【お名前(フリガナ)】
【発送先】
郵便番号
ご住所
TEL/FAX
e-mail

以上を、以下の申込フォーム内「本文」にご記入の上、「名前」「メールアドレス」「件名」にもご記入いただき、「送信」ボタンをクリックしてください。

★発送方法……通常、クロネコメール便を利用いたします。入金の確認後、3日〜7日以内に、指定のご住所にお送りいたします。

★下記の申込フォームで申しこめなかった場合、お手数ですが、直接eigajidai@gmail.comまでメールをお願いいたします!


※ご注文から14日以上、到着が確認できない場合は、お手数ですが、eigajidai@gmail.com
までご連絡ください。







※その他、ご不明な点などありましたら、eigajidai@gmail.com
までご連絡ください。


=================================================================

※なお、お取り扱い店舗については、追ってご報告いたします。

=================================================================

ってなわけで、またもや無計画な経営と、デタラメな進行で、
なんとかでっち上げた「映画時代」
しかし!!!!!!!!!!! 記事は濃ゆくて熱いです!
皆様、ぜひ、ご購読ください!

=================================================================

活檄プロダクションの、「映画時代」の明日はどっちだ!
誰も明日をNOBODY KNOWS… 
まあ、そのうちなんとかなるでしょう!!
posted by eigajidai at 19:46| Comment(9) | TrackBack(0) | announce | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。