2010年02月24日

【映画時代Presents】『探偵物語』30周年記念イベント

――ついに、映画時代がイベントにチャレンジします!
遊びにいらしてください! 
いや、マジでまさかの事態が実現しようとしていますよ!
===============================================

【イベント・タイトル】
闘う映画ZINE「映画時代」Presents

松田優作主演『探偵物語』放送30周年記念スーパー・
トーク・セッション

『追求――探偵物語NAKED=x


【イントロダクション】
1980年4月1日、火曜ヨル9時。一人の探偵が原宿の雑踏に消えた。
ヤツ、工藤俊作の生き様は、当時の全ての若き野郎どもの胸に
刻まれ、後の時代にその姿に触れたものをも虜にしている。

主演・松田優作はじめ、出演者のアドリブが頻発し、本気と
冗談の境界線を行き来する唯一無比の優作ワールド=
『探偵物語』は、そのセンシブルな内容で、日本のドラマ史に
残る名作として現在も愛されている。

だが、その紹介文には常にこの一言が添えられる。
本格ハードボイルドで行くはずが、優作が全て
ひっくり返した≠ニ――

ならば、その原点たる、本格ハードボイルド≠ニは
どのようなものだったのか。

2010年3月22日(月・祝)、東京・人形町三日月座。
そこに『探偵物語』放送終了から30年を経て、
原案者=小鷹信光、プロデューサー=山口剛、
脚本家=柏原寛司の3名が集い、彼らが夢見た
本格ハードボイルド≠巡り、語り合う。

これは、探偵映画教室¥態だったという、
『探偵物語』の企画会議を追体験する試みであり、
ありえたかも知れないもうひとつの『探偵物語』≠
現出させる試みでもある。

日本のハードボイルドの夜明け≠待ち焦がれる皆様、
ぜひ、ご来場ください。


【ゲスト・プロフィール】

小鷹信光 (『探偵物語』原案)
ダシール・ハメット、リチャード・スターク、ギャビン・ライアル、
レイモンド・チャンドラーなど数多の海外ハードボイルドの翻訳を
手がける、その道の第一人者。 『探偵物語』には原案として参加、
さらに独自の展開の小説版(幻冬舎文庫所収)を発表。


山口剛(『探偵物語』プロデューサー)
当時、日本テレビに籍を置き、数多の名作テレビ映画≠
手がける。伝説のアクション・ドラマ枠火曜9時≠フ
一環として『探偵物語』を企画、プロデュース。


柏原寛司(『探偵物語』脚本)
シリーズ中でも人気の高い、「失踪者の影」「脅迫者」などの
名エピソードを手がけ、メイン・ライターの一角を担う。
パイロット版的に、幻となったテレフィーチャー
(1時間半企画)版『探偵物語』の脚本を執筆するなど、
『探偵物語』との縁は深い。



【タイムスケジュール&料金】

<期日>
2010年3月22日(月・祝)

<第一部>
14:00〜17:00
トーク・セッション&映像資料鑑賞
ゲスト:小鷹信光、山口剛、柏原寛司

司会:佐藤洋笑(映画時代編集部)

※飛び入りゲストの可能性有!

トーク・セッション・チャージ:前売 1600円
               (当日 1800円)

<第二部>
17:15〜19:00
懇親会

参加費:2000円 




【会場】

人形町三日月座

〒103−0013
東京都中央区日本橋人形町1−15−5柏原ビル2F

http://www.mikazukiza.com/

※第一部・トーク・セッションは同建物の地下一階「Base KOM」
 にて実施いたします。


<アクセス>

東京メトロ地下鉄半蔵門線
水天宮前8番出口より徒歩70歩位(1分)

東京メトロ地下鉄日比谷線
人形町駅A2番出口より徒歩90歩位(1分)

都営地下鉄浅草線人形町駅徒歩5分位



【チケット予約方法について】

席に限りがございますので、チケットは前売とさせて
いただきます。当日の来場でも、お席に余裕がある場合には
問題ありませんが、確実なご観賞のため以下のメールアドレス
(映画時代編集部)宛にタイトルを「探偵物語」とし、
「予約」をお願いします。

料金のお支払い方法、チケットの受け渡しについて
折り返しご連絡いたします。

eigajidai@gmail.com

※チケットの販売状況について、会場にお問い合わせ
 いただきましてもお答えできかねますので、ご遠慮ください。

※懇親会につきましては、参加費に軽食のご用意を含みますが、 
 その他の飲食にあたっては実費を頂戴いたします。あらかじめ
 ご了承ください。こちらにつきましてもご不明点は上記
 メールアドレス宛にお問い合わせくださいますよう
 お願いいたします。続きを読む
posted by eigajidai at 21:48| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。