2008年06月06日

シネマアートン下北沢存続のための署名活動

以下は、あくまで膳場岳人個人の意見ですが。

シネマアートン下北沢閉館のニュース。『小鳥の水浴』のお芝居を見たのもここ、『母娘監禁 牝』を初めて劇場で見たのもここだ。そして「映画時代」を立ち上げる際、一番最初にご相談に伺ったのもここだった。誰よりも熱心に「映画時代」をバックアップしてくださった。今回の件、親会社が不祥事を起こして倒産、そのあおりを食った形で劇場の閉館と相成ったらしい。でも、劇場の人間が何か不祥事を起こしたわけじゃない。

というわけで。

本日6.6、シネマアートン下北沢にて、映画監督の福島拓哉氏が、劇場存続のための署名を行っているそうです。20:30上映開始の『the hiding -潜伏-』(福居ショウジン監督)の入場の際と、上映終了後だそうです。署名の有効性? わからない。そもそもこれって正しい行為なのか? わからない。でも、門外漢の我々にできることは、さしあたりこういうことだけ。各々ニュースを見て今回の閉館の是非を判断し、「存続すべき」と思ったならば、やるだけやってみましょうよ。詳しくはこちらを参照してください。

http://blog.goo.ne.jp/baohr/e/d22a6616c10d212445eb1b8787e73683

6.6夜はシネマアートン下北沢へGOだ!!!!!

(文責・膳場岳人)
posted by eigajidai at 04:04| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。